悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

カタルシスを求めて

皆さんはカタルシス、という言葉をご存知だろうか。

カタルシスというのは

 映画や舞台の登場人物の悲劇が観客に与える恐怖・憐れみによって精神が浄化されることを指す。

または代償行為によって得られる満足感のことを指す。

 

 

ーーー。

ーー、近況報告。

 

私は8月から現在働いている部署を離れ、同じ法人の他の施設へ異動することとなった。転勤である。

幸い同じ福島市内ということで、通勤方法は変わらず原付である。

異動を聞かされたその日から絶望に限りなく近い心の不安定さが自分の周囲に漏れ出していた。ストレスが溜まる。

 

まぁ悪事を働いた私が悪いし自分でもそれなりに納得してはいるが、やはりというべきか私の心中は怒りと悲しみのスペシャルハリケーンで吹き荒れている。

 

私が期待されていないのは知っていた。えぇ。もちろん。

だが上司が私に対して誓った「お前のことは見捨てない」という言葉は嘘だったのだろうか。

クビになるかもしれない、とビクビクしていた私を落ち着かせるための嘘だったのだろうか。

 

上司の上司は私の上司やその近辺の人間に「奴は異動を喜んでいる。正当に評価されないことを周囲のせいだと思っている」と触れ回っているそうだ。

がっかりだよ。ひたすらがっかり。

そういう目で見ていたのですね、上司の上司さん。私は正当に評価されている、と思ってます。上司が「お前が必要だ」と言ったからこそ、私は今の職場で働くことができているし、辞めないでいる。そう思いたい。

異動は嫌だし、気が重い。通勤距離が遠くなるのは移動方法が原付の私にとって死活問題だ。何より、ここの職場の人が気に入っている(気がする)。

 

 

 

 

私に今必要なもの、それはカタルシスだ。

もしくはカタルシスを与えてくれる何者かでもいい。

それは喜劇であってはならない。ハーピーエンド、幸せな奴を見たって私が幸せになるわけでもなければ現実が変わるわけでもない。

悲劇なら、現実に影響を落とさない範囲で私よりも「悲惨で無惨で凄惨な奴がいること」を教えてくれる。

 

 

 

カタチと個性の話

やぁ。自称ミスターアブノーマルな凡人こと伊藤だよ。

最近の悩み?う〜〜ん…。

「個性がない」ことが悩みかな。

 

 

我々人間はしばしばカタチに囚われてその本質を見失う。

見た目や匂いに騙され、手にとってから騙されたと気づくのは まだいい。

騙され続けて自分が何をしているのかわからなくなる人がいることを常々悲しく思う。

そしてこの記事は無個性に悩む偽個性達へのメッセージだ。

 

こないだの話だ。

私の職場に、とあるラーメン屋のチラシが入った。新聞に挟まっていた他愛ないチラシ。

私はそのラーメン屋を「見た目は良いが、まずいラーメン屋」として認識していた。

量は多く、麺は太く、味は濃く、ヤサイマシマシアブラカタブラ、食べづらい。唯一評価できるのは店内が割と綺麗だったこと。

(そうゆうラーメンが好きな人もいるだろう。しかし誘われてももう一度行く気にはならない味だった。)

 

チラシの話だ。

私の部署の人間はそのチラシを見て自分に都合の良い妄想をし始めたのだ。

叉焼が大きい、とか

ボリュームがあって美味しそう、とか

この値段なら毎日通っても良さそう、とか。

 

 

また貴様ら。愚鈍で哀れなヒューマンよ。

そのラーメンはまずい。はっきり言っておく。そのラーメンは地雷だ。

見た目に惑わされるな。それも薄っぺらいチラシなんぞに。

私だって思った。食べる前、目の前に置かれたラーメンも美味しそうだったさ!そりゃそうだ、見た目が不味そうなラーメンを出す筈も無いだろう。

 

だがそのラーメンはまずい。

ヒトツキコウ。

そのラーメンの本質はどこにある?

哲学的で知的で馬鹿な問いだろう。

私が思うに

一言で言うならそれは「うまさ」だろう。

腹を満たしたいだけなら別の何かでもいいはずだ。しかしラーメンを求めるにはラーメンを求める何かがあるのだろう。ラーメンだったら、これがいい、と言うほどの何か個性的なアレがあるのだろう。

それは人によってそれぞれかもしれない。例えるなら味の良さを求める私と、値段のリーズナブルさを求めるF氏と、インスタグラムにアップするラーメンの写真の見た目の良さを求めるY氏のような、それぞれのラーメンに対するニーズの違いがある。

 

ニーズの、違い。

ニーズの違いは無駄な軋轢を生む。

例えば、

漫画「ゆらぎ荘の幽奈さん」にストーリー性を求める人間とエロを求める人間ではその漫画を語る際に評価する点が違う。同じ「ゆらぎ荘の幽奈さん」ファンであってもだ。

論点の違いは仲違いを起こし、家族を巻き込み、地域を巻き込み、最終的には国家戦争。核戦争の果てにあるのは人類の破滅である。

キャラクターに対してもニーズの違いがある。妹に萌える人もいればボインのお姉さんが好きな奴だっている。妹萌え姉萌えで戦争が起こるぐらいには、価値観の違いは顕著だ。

 

十人十色。ならば百人百色か?千人なら千色なのか?人ならば価値観や特徴の違いが必ずあることを皆知っている。強制理解と言わんばかりに、小学校から高校まで個性個性個セイコセイと言われ続けた我々は、どこかでキャラ付に必死なのかもしれない。漫画だってキャラクター性という言葉に雁字搦めにされてカタチばかり違う似たようなキャラが跋扈している。

 

人と違うことは素晴らしいこと、そう言わんばかりにアブノーマルを推奨しようとする。

 

だがちょっと待ってほしい。

社会人でアブノーマルな奴、見たことある?

少なくとも私は無い。ちょっと(頭が)変な人とかは見たことあるけれど、それも常識の範囲内だった。

ピンクの髪の毛の奴とか、胸に北斗七星の傷跡がある奴とか、右手が何らかの呪いがかかってたりドリルの奴とか、吸血鬼のハーフとか全身ゴムでできてる奴とか、そんなアブノーマルな奴、見たことがない……!!皆無!

 

そう。我々は生まれながらにして無個性。見た目がすこーし、それも誤差の範囲内で違うだけ。性格とか言動とかとっても全くの無個性。みんな同じように寝て起きて飯を食べて排泄をする模範的な人間…!

 

 

ここで1つ。見た目やカタチに囚われない決定的な個性を1つ紹介したい。

髪をピンクにする必要もないし、右手をドリルにする必要もない。そう、それは…

「必殺技」だ!

 

 

無個性なのに自分を個性的だと錯覚している偽個性の皆さん。自己紹介の時に言ってみよう。

「必殺技はアームドライバーです。」

 

…おお。なかなかいいじゃないか?出てる出てる!個性が滲み出てる!

 

うん!ドン引きだね!

ハンターハンター連載に関して

私は心待ちにしていた。ハンターハンターの連載を。

前回の連載から何年、何ヶ月たったのだろうか。

それすらもぶっちゃけ覚えていない。

 

一人暮らしするようになってから毎週ジャンプを買っていた。だが私の部屋に積み重ねられたジャンプの中に、ハンターハンターが連載されているのは今週の一冊だけである。

つまり、前回の連載は一年と四ヶ月以上前だということだ。

 

さて。

漫画喫茶で前回の内容まで復習した私だったがここで誤算があることに気づいた。

コミックスになっていないぶんの連載があるということ……!

つまりは完全なる復習は不可能だということ。

 

連載が再開してから最新刊がでる、ということは、今週のジャンプを読むと微妙なネタバレ感を感じてしまう。困った。困った!困ったァ!

 

 

しかし、ハンターハンターを読みたい気持ちが高ぶりすぎて、読んでしまった。あぁ。

 

今回ハンターハンターが連載を再開したが、またいつ休載するのかわからない。

 

実家にハンターハンターを置いてきた手前、最新刊だけ買うのもなんだかモヤモヤする。

チクショウ、どうしたらいいのんだ……!

 

 

 

神「電子書籍でジャンプを買え。さすれば道はひらけん。」

 

おお……!

電子書籍!それさえあれば!

むしろスマホで事足りると!

 

 

 

あいにく私のスマホは画面がバッキバキである。悲しき現実。

 

ハンターハンターを読むためだけに、スマホを買い換える……?

えぇ?ありかな。

 

 

ボーナス入ったら、スマホ、買い換えます。

仕事を辞めたい。

今回はただひたすら愚痴である。

私は酒とタバコが大好きな人間である。

介護職で、一人暮らしの年収400万に満たない、いわば世間的総評で言う所の「底辺」である。

 

私は最近、職場での評価を著しく貶める様な悪行を一通りこなしたのだが、不思議なことに未だに解雇になっていない。

 

慢性的な人手不足に陥っている介護業界でそうやすやすとクビになることもないが、逆に言えば私の職場では私の様な者を雇い続けなければならないほどヤバイ状況だということなのだろう。

 

 

私は今、自暴自棄になっている。他人からも指摘されたし、そんなことは最初から自覚してる。

仕事を辞めたい。日増しにこの思いだけが募っていく。

 

クソめ。

私は期待なんかされていない。

自覚できるほどに、ダメな仕事ぶりを披露してきた筈だ。提出物も、日頃の態度も、周囲への失言も含めてダメダメ。

期待してるぞ、とか薄っぺらい言葉で人をコントロールできると思っている彼にも、そろそろフォローの余地が無くなってきていることは明らかだ。

 

そもそも私は介護なんかしたくなかった。

世間的なイメージの悪さ、給料は安い、使い潰される人材、3K(キツイ・キタナイ・クサイ)といった面から見ても、やりがいを見出すには それはもう高い意識とモチベーションを保ち続けなければならない。

母が現場でパートなのにいいように使われてるのを見て知ってた筈だった。

 

モチベーション?

そもそも私にはそんなものは無い。

 

親から逃げる、あのクソのような地域から出て行く、それだけがモチベーションだった。だから金をある程度自立できるぐらい稼げればそれでよかった。

 

手に職つけるには、と考えて

資格があれば働ける、と錯覚した。

高校二年生の夏だ。だから親の言う通りに資格の取れる専門学校に入った。

 

全ての間違いはここだった。

 

実習で失礼なことや失言をしまくった場所に無事就職。就職した後も失礼なことや失言をしまくった。

 

県内で見れば給料は高い部類に入るであろう就職先でも、同世代の(介護職ではない)人たちと比べると年収は一回り下である。

 

無職よりはマシ、あそこの施設よりはマシ、あいつよりはマシ……

自分を騙し騙しやってきた介護職だが、やはり限界が見えてきた。

限りなくブラックに近いグレー。

 

監査対策にとケアマネの名前で作るケアプランは、ケアマネの資格を持っていない介護職が作ってます。

申請しないと降りない残業代。申請させません。気軽に申請できるような雰囲気なんて微塵もありません。

業務時間内にできない仕事を残業代も出さずに「みんな頑張ってる」の一言で済ませる。我慢してるの間違いだろ。

部署内でも、きちんとしたオリエンもしないままに一人前の仕事ぶりを期待される新人達。カワイソウダネ。

遠い目をしてニヤニヤしながら一言。「俺たちの時代はもっと厳しかった」あぁ、そうですか。ダカラナンダヨ。

 

 

精神論で片付けられない。

満身創痍です。

 

夜勤は拘束時間17時間。利用者が転べばボーナスステージ!拘束時間3時間プラス!死ねよ……。もちろん、起きてられないからモンスターエナジーを飲みまくるよ。寿命の前借りだね。

 

日勤はパートだらけ。利用者が転んでも、責任は正職員がサビ残をもってして報告書を書きます。業務がうまく回らなければ影でこそこそ、「あいつはノロマだから……」それ、本人に聞こえてますからね。

 

クソの共産党に肩入れしてる法人だからか、平和行進やら原発反対やら活動をしている。職員を巻き込んで。勝手にやってろよクソ共が。

 

 

辞めちまえだと?辞められるなら辞めますよ。

生きるには金が必要なのです。

 

はぁ。死にたい。なんでお前らはそんなに能天気に現状を笑ってられるんだ?同じ職場の人達よ。生きる糧があるからか?理想があるから?なんで?ねぇ、なんで?

 

働くってツライわ。生きる為に働くって、ツライわ。うわぁ死にてぇ。この記事読んでる人にさ「働く為に生きてます!」って人いる?無理、絶対友達にはなれない。

 

 

こうやっていくら愚痴を書いてもね、皆さん口を揃えて言うんですよ。「みんな頑張ってる」って。

 

あぁ。そうですか。

 

 

昨日、呑みの場で言われた。

失敗の数だけ成長できる。だっけか?

全く、成長の兆しも見えなければ、希望も夢もありゃしない。

なんせ努力する気がないからね。努力しても給料は上がらないし、現状を私一人では変えられない。

 

他人のせいにするのは楽だよ。楽だ。

夢も希望もないのを他人のせいにするのは楽だ。

 

違うね。でも違う。

これは私の責任だ。努力しなかった、私の責任。

周囲を失望させて、努力もせずにただひたすら楽な方へ逃げた。私の責任。

 

クソみたいな仕事を選んだのも私。

クソみたいな生活も、クソみたいな価値観も、クソみたいな人生も、全部ひっくるめて、私の責任。たかだか22年しか生きてないガキが言います。

少なくとも、私が生きて行くにはこの世界厳しすぎませんかね?

 

嫌だなぁ。

仕事。

 

 

 

夜勤中に、書いてます。

 

 

 

 

物欲のとどまるところとは。

最近、欲しいものが多すぎる。

 

とは言ってもこれから発売される物とかかな。

ポケモンの新作、モンハンの新作、ミニ四駆の新しいシャーシ、ドラゴンボールアークシステムワークスから発売さらる格ゲーとか。

 

買おうと思えばいつでも買えるものも含まれる。

自転車、蒸篭(もしくはレンジアップ蒸し器)、プレステ4のコントローラー、バイクのタイヤ、スーパーカブ、靴下、など。

 

そして買う(飼う)ことができない、猫、犬。

 

 

私は謙虚に、貧しいながらも慎ましく生きようと一年と四ヶ月前に誓った筈だったのだが、無理だった。

できぬものはできぬ。一人暮らし開始四ヶ月ぐらいで悟った。

 

何がダメだってそりゃもうアレだ。

物欲がとどまることを知らない。

人間、パンがあれば生きていけるとか言ってた聖人がいるらしいがそれは嘘だ。人間はパンだけでは生きれぬ。

 

人間は己の生きる糧がなければ生きることができない。

だってファイアパンチのアグニが言ってた。

 

私の糧はなんだ?

答えは明白である。娯楽と酒とタバコだ。

 

ダメな人間になったなぁ。いや、元からか。

でも、ダメな人間じゃ、ダメですかね?

まぁもし、この記事を読んでいる君が「そんな奴は嫌だ」と言ったとして、

欲を捨てるには……アレか?出家でもするか?

 

ボウズ供の世界、仏教では現世に執着することをよしとしない。

私の持つ欲は現世に執着したものばかりだ。諸行無常がどうした。そんなものクソの役にも立たぬわ。そもそも私は己の欲を捨てる気は無い。

つまり先述した「そんな奴は嫌だ」と言った皆様とは仲良くなれそうも無いということだ。残念。

まぁ落ち着け、私よ。

思考はプライスレス。決して仏教徒やその考え方を否定する気があるわけではないことを、どうか理解して欲しい。

 

 

ーーー。

私が満たされる日は来るのだろうか。

何かに満足して、それ以上を求めない日が果たして、本当に来るのだろうか。

 

わからない。

妥協点とはどこだ。これでいいや、と妥協できるのだろうか。

 

わからない。

なぜなら物欲は止まらないから。

 

 

今ある現実に妥協して、満足したフリをするのは楽しいか?

満足した豚よりも不満足な人間の方が私はいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕達、そんなに仲良かったっけ?

To.かつて友人だった知人へ。

 

 

今日はどんよりして嫌な天気だったね。

やぁ。伊藤だよ。

 

昨日、小学校時代の知人から連絡があった。

「8月か9月にタイムカプセルを掘り起こすから、都合のいい日を教えて。」

えっと……ドチラサマかな?

あぁ、メールの最後に名前があったや。

 

1ヶ月以上先の予定なんてありません。のらりくらりと、行き当たりばったりに生きる僕にそんな先の予定があるとでも?

 

いや。どうでもいいね。タイムカプセルかぁ。

僕が入れたのは小学校時代に転校してきてから5年間ぶっ続けで使った(と思われる)筆箱だった筈だ。

 

タイムカプセル掘り起こす、という目的の為にグループラインが作られた。

誰が招待したのかわからないが僕も招待された。

 

ここでふと振り返ると、今更古い馴染みのある「知人」達と話すことなど何もないことに気づいちゃったよ。たはは、参ったなぁ。

 

知人なんだよね。

 

知人。

それも、親しい知人とかじゃなくて、ただ本当に「知ってるだけの人」

 

そもそも昔から思ってた。

僕はその地域の人間じゃないって自覚があったし、特別に仲の良い「友人」がいたかと問われると微妙だ。僕は彼らを友人だと思っていたんだろう。でも相手はどうだったんだろう。

 

1学年17人という特殊な環境だったからこそ、君達は僕を「友達の様に扱わざるおえない」状況だったのではないかな。

きっとそうだろう。

 

(もしかしたらこの考えは自己投影なのかもしれない。だとしたら僕はなんてクソの様な人間なんだろうか。)

 

少なくとも今もなお関わりのある人間は0だ。

 

みんなに会うのはスッゲー嫌だなぁ。

スッゲー今更感。

「じゃあ来なければいいじゃん」

そういう問題じゃないんだよね。

 

みんな立派になってるんだろな。

 

僕みたいにクソみたいな人間に成長して、クソみたいな価値観で生きてる奴なんて1人もいないんだろなぁ。

 

会う前から既に鬱だよ。

 

グループラインでさ、既に盛り上がってるけどさ。君達、そんなに仲良かったっけ?

また会った時、距離感つかめなくなるよ。

みんなでごはん、とか飲み会、とか言ってるけど……僕は行きたくないなぁ。

何話すんだよ、近況報告か?そんなの、シアワセじゃない奴が「同じ年齢なのにこんなにシアワセに差が生まれるのか」とかいって絶望するだけだろ……。

僕は嫌だね。満足な豚を演じる不満足な人間なんて、絶対に嫌だね。クソ共め。

 

 

 

まぁいいや。

どうせ来るべき「タイムカプセル開ける日」以降、もう二度と会うこともないんだから。にこやかに、敬語で、他人行儀に会話しよう。

 

さようなら、小学校のころの思い出達よ。いい記憶なんぞカケラほども残っとらんわ。

 

 

 

 

親戚の結婚式。

いとこが結婚した。

私は結婚式に出席したことが一度だけあるが、どんなものかイマイチ覚えてない。

 

結婚式ってなにやるの?

アレか、指輪とかわたして、誓います!ってヤツ?

わからん……

 

披露宴とか二次会とか……わからん……

 

いやー……怖い。わからないことは、怖い。

怖いね。結婚式。

 

なんで今やるんだよ、アレか。アレなのか。

ジューンブライト?

 

f:id:goegoemon7:20170604090902p:image

 

なんや、ジューンブライトって…………。

 

ーーーーーー。

 

 

 

 

さて、日をまたぎ更にその後日である。

結婚式、イッテキタ。

感動?はしなかった。感動する要素が皆無ってわけではないけど、そんなに親しい人でも無かったし(会わない人に)会えなくなるわけでもないからだ。

 

いやーしかし、うん。なんていうかなぁ。

めでたいなぁ。めでたい。

おめでとう。

祝う気満々で行って会話したのは二言であったが、まぁ……しかたないよね。

 

披露宴で出てきたフルコースはべらぼうにそれはもう美味かった。

原付でイッテキタからお酒飲めなかったけど。

出てきたデニッシュがホワホワでホカホカで美味しかった。

「牛フィレ肉のポワレ フォアグラのパネ 黒いダイヤのソース」とか言うなんかぐるナイで出てきそうなのも頂いた。

最後のほうで出てきたケーキとかコーヒーカップみたいになっててよくインスタ映えするケーキだった。

 

結婚は人生の墓場、とかたまーに聞くけども、あれほど幸せそうな墓場なら まぁ結婚も悪いものではないのかもしれない。

まぁ私、おそらく結婚とか無理ですけどね……!!

 

まぁなんだ、そのね。

 

末長く御幸せに。