悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

ヘイト・オブ・ホトケ

9月も月末、上半期が終わろうとしている。私の職場の職員同士の不和や環境に対する不満は新体制2ヶ月目にしてなお盛り上がりを見せていた。

 

なぜこうなった。そして頭を抱えているのは私だけなのだろうか。

 

確かに以前から不和や不満の火種はそこらじゅうにゴロゴロと転がっていた。ここ最近のユニット内の感触としては、一向に解決しない問題への不満の慢性化が噴出して来たものが多い。

 

例えば、再来月には妊婦のYさんが産休に入る。単純に労働力を一人分失う。

しかし、それに伴う人員の配置転換は無い、と主任であるHさんが言い切った。ユニットリーダーであるSさんはというと、あろうことかそれに同調。人がいないのはどこも同じだから、とのこと。

 

パート職員や年増の囂しい職員はもちろん不満を声にしていた。私への愚痴という形で。

私は飲み会の席で思い切って主任に尋ねてみた。職員個人のマンパワーの底上げを狙うのは賛成だが、労働環境が悪化するのはどうお考えか。

主任はにこやかに答えた。慣れれば問題ないよ、と。

 

一体何を言っているんだろう、コイツ。ビールがピッチャーで運ばれて来て良かったと思った。もしも瓶だったら、主任の頭を瓶で叩き割っていた。

問題に目を瞑り、我を通すやり方。主任という肩書きを持つ人間のそれでは無かった。

 

問題は更に出てきた。主任は集団体操などのレクリエーションを日課にするというのだ。2〜3日に1度ぐらいの頻度で行なっていたレクだが、確かに痛いところを突かれた。

 

本来なら高齢者の機能の維持や楽しみの創出の為に行われるレクだが、ここのユニットはいかんせよ高齢者の認知度が高く、集団体操を行う意義が少ない。(手本を見て同じ動作が出来ない為。)

業務量の多さに忙殺されて個人的な関わりを持つことができていない現状、意義の少ない集団体操に時間を割く程の余裕がこのユニットにあるのだろうか。入居者の介護度の重度化がかなりの割合で業務に響いているというのに。

そしてまたもや愚痴の嵐である。なぜ私にいうのだ。主任に言え、阿呆共め。

 

月末に行われるユニット会議が今月だけ月の中旬で行われた。もちろん主任の一声で。

ユニット会議内でレクの話が上がった。ここぞとばかりに私はレクの義務化に対する考え方を述べた。帰ってきた言葉を聞いて私は後悔した。

 

慣れれば問題無いから、ルーチン化はやめません。代わりに、入居者個人の楽しみを紙に書いて提出してください。それらも今後、ルーチンに組み込みます。

 

もう、ダメだ。主任は暴走してる。職員の労働力が際限なくあるものだとでも思っているのか、コイツは。話にならない。

 

できるならやってるわ。出来ないからやってない。だから環境なり働き方なり、それを改善していこうという考えは無いのか。

やることばかりが増して、人員は減り、労働環境は悪化する。職員同士のヘイト管理がどうとか、主任に少しでも期待した私が馬鹿だった。

 

まぁ、いい。落ちるとこまで堕ちてみようじゃないか。私は「少なくとも今月は」仏モードなのだ。貯めるさ、ヘイトを。