悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

カッコイイ仕事って何?

いやー…

ダーツ楽しい。

最近、先輩方にも勝てるようになってきて、オンラインとかでもええ感じなんですわ、ええ。

クリケットは未だに苦手だが、ゼロワンならええ感じで勝ててきてる。以前、言ったように私のオシャンティ数は徐々に上がりつつある。100オーバーでゼロワンあがった時とか絶頂でドヤ顔が止まらなくなる。

 

ーーーーーー。

 

ふと我に帰った時、その背後には何時も虚無が立っている。大きくはないがよく響く声で奴は言う。

「明日は仕事じゃけん、はよ帰りや」

 

ダーツブースの隅にある喫煙室へ即座に潜り込み、震える手付きでタバコに火をつける。

吐き出したタバコの煙で幻影を掻き消すと私は独り言を声に出さずに叫ぶのだ。

「今が楽しければそれでいいのだ」と。

 

 

今まで、虚無達は友人といるときは姿を現さなかった。たいていの場合は家に帰った時、部屋の隅で小さく蹲っていることの方が多かった。しかし今年度に入ってからというものの、奴らは時・場所を選ばず現れるようになった。

 

どこへ行って、何をしていても「明日は仕事じゃけん…」と声が聞こえて来る。

楽しい時とつまらない時の落差が激しい時ほど奴らは大きく声を上げ、私を絶望させる。

やめろ、やめてくれ。私はずっとダーツをしてカードゲームをしてプラモを作って格ゲーやって生きていたいんだ、働かせるだなんてそんな拷問、死ぬほど耐えられない。だが働かねば飯を食えない。飯を食えなければ死ぬしかあるまい。

 

働かねばならぬのだ。

せめて飯を食うにしても、カッコイイ仕事で飯が食べたかった。

 

ーーーーーー。

 

そんで?カッコイイ仕事って何よって話です。

今の話題で言えば例えば、大谷翔平。メジャーリーガー。うん、カッコイイ。

飛行機のパイロットとか?カッコイイ。

あとはね、官房長官。何やってるのか知らないけど、言葉の響きがいい。カンボーチョーカン、カッコイイ。

DJもカッコイイしモーションアクターもカッコイイ。バイク屋もカッコイイし花屋もカッコイイ。

 

単に他人が憧れるものがカッコイイのか?

誰にもできないことが仕事にできるのがカッコイイのか?

 

 

まぁ、どんな仕事だろうが、

少なくとも介護士よりはカッコイイ。介護は給料も安いし、高齢者からの暴言暴力は当たり前だし、キツイし汚いし、それでも笑顔で敬語……。かっこよさのかけらもない。悲しいなあ。

少年時代の私が夢見た「カッコイイ仕事に勤める」ってなんだったんだろう。

 

いや、わかっている。わかっているとも。

これが現実だ。私の分相応、というものなのだろう。

 

 

 

 

私は飯を食うために仕事をしてるのだ。カッコをつけるために仕事をしてるわけではない。こんなことを論じても、無駄だ。寝よう。