悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

今の自分は本来の自分とかけ離れた自分である。

皆さんはそう感じたことは無いだろうか。

職場、学校、友人との付き合い。様々な場面で無理なキャラづけをしていないだろうか。

 

そのあらゆる場面で自分を演じるその誰かこそが本来の自分であるというのに無自覚でいるのは、あらゆる苦痛の種になると誰かが言っていた。

 

ーーーーーー。

 

このブログを熟読している狂人なら知っているとは思うが、私の職場は介護施設だ。介護施設の現場では、実際に介護する場所とパソコンを使った業務をする場所は別になっていることが多い。

 

スタッフルームというかサービスステーションと呼ぶかは場所によって違うが、いわば職員詰所みたいなもんだ。

 

私の働くユニットでは、この職員詰所の端っこにトイレがある。もちろん、ドーーンとトイレがあるわけではなく、申し訳なさそうにこじんまりと個室になっている。

 

この個室トイレがやたら何というかな。

音が漏れるんだよね。

 

男だろうが女だろうが関係なく使う詰所内のトイレ。もうね、壁もドアも無いんじゃないかってレベルで音が漏れる。

どれぐらいヤバいかっていうと、トイレに座ってため息を吐くときの、ため息が聞こえる。

 

自分の排泄音を聞かせたい人なんていないだろうし、私だって可愛いあのこがこんなエグい音だしてアレを捻り出してるとか知りたくもない。(知りたいという人がいるのであれば、今すぐ死ぬことをお勧めする)

 

トイレって、人間が安らげる場所No.2であるべきだと私は思っている(No.1は布団)

本来の自分をさらけ出すのが許容される場所だとも思っている。

 

それが排泄音がダダ漏れる緊張感たっぷりの修羅場というのは、あまりにも悲惨ではないだろうか。この世界には逃げ場など無いとでもいうのか。キャラ付け・人格欺瞞・性格詐称などのその全てが、あのトイレの前には粉砕される。あのトイレのドアには「お手洗い」と書いてあるが、正しくは「キャラ付け破壊兵器」だ。

貴様のキャラ付けでその排泄音は無理があるだろう、と誰もが思うからだ。

 

なんて、なんて恐ろしい兵器なんだ。

誰か一刻も早く音姫を配備してくれ。もしくはトイレに入るとデスメタルが大音量で流れる装置を開発してくれ。

 

というわけでメタルはSlipknotのday of the gusanoがオススメです。