悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

明日は早番なのに眠れぬ

明日は早番。午前七時出勤という鬼のシフト。朝4時には起きて、ご飯を炊いて、目玉焼きを焼き、ご飯が炊けるまでにシャワーを済ませ、ホカホカのフルチン状態でタバコを吸って、着替えてご飯を食べて、出勤の準備して……etc

 

しかし眠れない。私は何度も寝ようとしている。その度に「あ、アレをやっておかねば明日の朝困るであろう」などと余計な何かが頭を過る。

洗濯機は2回も回した。明日履くパンツが無かったからだ。その後になってから職場で着るユニフォームがわりのポロシャツを洗濯していないことに気づいた。

 

洗濯機が回っている間に偽ハヤシライスを食べて、タバコを一服。

何気なく見たスマホの画面にラインの通知。

この時点で20時であった。 寝るには絶好のタイミング。

 

しかし、私は寝られなかった。本当はご飯食べて洗濯物干したらすぐにでも寝ようと決心していた。私のする決心が如何程までに疑わしいものなのかを再度認識させられただけだった。

 

ラインを開いて既読をつけるだけつけて返事を保留し、親指の向かった先はパズドラが……。

スタミナを使い切って意味もなく攻略記事を眺めたりもした。なんと無益な時間を過ごしたのであろうか。

こうやってバコバコと駄文を認めているのも、あのタイミングでラインを送って来たポケモンGO勢の奴らのせいだ。

 

あのラインが無ければ、私は今頃寝ていただろう。この調子でいけば少なくとも寝不足、悪くて遅刻、最悪は永眠である。

 

あのライン通知を見るかどうかの選択肢は明日寝不足になる、或いは遅刻する事へのフラグだったのではないだろうか。なんということだ、恐るべし未来からの強制力。

 

逆に考えれば並行世界にいる筈の「ラインを見なかった私」は明日の早番に悠々と出勤するのだろう。

 

 

 

 

 はぁ。そろそろ寝ます。おやすみ。