悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

小説を書き始めたんだ。

運動をせず、家にオンライン環境の無い私にとって娯楽とは小説とカラオケとカードゲームを指す言葉だ。

 

最近まとめサイトなんかで見かける言葉…「なろう」というものがある。

これは「小説家になろう」というサイトのことで、簡単に言えば投稿型駄文掲載サイトである。ド素人が書いているとはいえ書籍化からアニメ化までされる作品もあり、侮ることは出来ない。

 

さて、私は金に困っている。100円の卵パックを求めて日曜日な激混みイオンbigに行かねばならぬ程に困窮している。

働けど働けど、辛い生活の日々を送っている。

そんな中で、私にとって小説を読む時間というものは自分の世界を忘れさせ、緊張感や笑いの絶えぬ時間なのである。

私は文庫本が好きで主にミステリーやヒューマンドラマ的なヤツを読むが、たまにはゴッテゴテの娯楽的な文学的要素のカケラも無いものを読んだりする。

小説家になろうというサイトに連載されている小説(?)だ。

 

異世界!ファンタジー!ハーレム!魔法!剣!貴族!奴隷!ドラゴン!魔王!VRMMO!俺TUEEE!!!!

 

…テンプレートもいいところである。辟易とする。(父が金色の文字使いを読んでいるのを知った時、密かに俺TUEEEが嫌いになった。)

 

そういうものを読んでばかりいると、たまには主人公が異世界にも行かず、俺TUEEEもしない物語が読みたくなる。ステータスが数字として表されたり、周りが主人公を無駄に持ち上げたりしない作品が読みたくなる。

 

しかし、あのサイトには無い。ほとんど無い。悲しいほどに俺TUEEE。

 

 

どんな物を読んでも文句は出るのだ。

だから自分で書こうと思った。

クソ駄文。

 

この記事を読んでいるのあなたにお願いがある。

私の書いた小説(基、駄文)を読んで頂けないだろうか。

なんだったら批判的な感想やアドバイスをくれたっていい。

https://ncode.syosetu.com/n5751eh/

 

 

果たして、いつまで続けられるのだろうか。