悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

やる気ゲージ、ゼロのお知らせ

私の仕事のやる気ゲージがゼロになった。

最大値がもともと低いやる気ゲージは24時間、1日を生き抜くだけでもイッパイ・イッパイなのにそこに異動のお知らせやら会議やら提出書類が重なると瞬く間にゼロになる。

 

やる気を出せ、頑張れ、もっとできる、やればできる

 

クソのような言葉だと思う。

やる気など無くても結局やらければならないのだ。そんな安易な言葉で人を鼓舞しようとなど、しないでくれ。迷惑だ。

 

聞け。黙って聞け。

やる気を出せば給料があがるのか?

いや、上がらない。

頑張れば仕事の量は減るのか?

減らない。

もっとできるだと?

私が明日を生きる為の余力を奪うつもりか?

 

 

聞け、社畜共。

私は人間でありたいのだ。

聞くところによると社畜には人権が無いそうだな。

私は私の権利を主張し、守ろうとしているだけだ。社畜なんぞになりたくは無い。

 

 

ーーーー。

異動先の施設はサービス残業は当たり前、労働者の権利を守るのが義務である筈の施設長や介護長自ら率先して施設のブラック化を推し量っているそうだ。

 

クソ………!

来月の勤務表は既にでてしまった。

8月7日。運命の日。私という人間の落日。

もう、戻れないのだ。

 

 

 

そう意気込んでも、やる気は出ない。