読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

カレーを食え。ひたすらに、食え。

ハロー皆さん。

突然だが、私は今日。

カレーが食べたくなった。

 

 

それも、ひたすらに一食と言わず。何日間かの間に、ひたすらカレーのみ食べるという生活に憧れを抱いてしまった。

 

私はインド人ではない。両親ともに日本人の日本人のハイブリッドである。

ハイブリッドという言葉は誤用である。

 

私は生粋の日本人である。べらんめぇ。

 

もし私がインド人だったら毎日カレーが食べれるのに、と職場でつぶやいたことがある。

私の隣に座っていたK氏は

「じゃあインド人と結婚したら」とつぶやいた。

 

インド人の嫁は 未だに私の前に現れない。

 

さて、今日である。カレーが食べたくなってしまった。

未だにインド人の嫁は現れない。つかまつるところ、自分で自分のカレーをつくるか、レトルトを買うか、すき家へ行くかという選択肢しかないわけである。

 

すき家のカレーはあまり好きではない。水っぽいし、具はちっちゃいし。家庭的なカレーのそれとは少し違う。

レトルトも、安いのは味が微妙だし、そこそこのやつを買うと高級感とかばかり前面に押し出「具材がとけきってる!」とか言ってゴロゴロした具材が入ってない。それに大量にレトルトカレーを買うのは少し恥ずかしい。

 

大量に、食べたいのだ。やはりここはインド人の嫁を探すしかないのか。否。

後1つ方法があった。自分で作るのだ。カレーを。

 

カレーに入ってる人参が以前から気にくわないと思っていた私は鶏肉とカレールーとジャガイモ、玉ねぎを買った。お会計700円に満たない素晴らしい買い物だった。

 

そして、カレーを作った。

友人からもらった大きな鍋に穴が空いていたので、小さな鍋2つで12皿分のカレーを作った。

 

一回の食事で1.5皿分食べたとして、昼は食事にカレーを持って行くことができないから、4日分の、カレー。

4日分。

1人暮らし、4日分のカレー。

 

 

 

 

 

 

夕食にカレーを食べてからふと思った。

なぜこんなにカレーを作ったんだっけ……?

                                 

                           〈完〉