悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

夜勤という地獄

 

夜勤。

夜に勤務するから、夜勤。 

私は職業上、夜勤の多い場所に勤めているのだが、ここ最近あることに気づいた。

 

夜勤をやっている間は時間の感覚がおかしくなるのか、実際の流れる時間よりも体感している時間がずっと感じるのだ。

 

私の職場の夜勤は16時30分から次の日の9時30分までという17時間の勤務である。

休憩1時間と仮眠2時間の合計3時間の休み時間があるが、勤務する人数の関係上2時間も休むことはできない。

 

実質的な労働時間15時間が非常に長く感じる。

 20時間にも30時間にも感じる。

体感時間30時間の実質労働15時間の夜勤。

実際に流れる時間のスピードと体感する時間の圧ッ倒的 .差!

 

……。

 

 

 

漫画ドラゴンボールの主人公、孫悟空は第23回天下一武道会へ出る際に修行するために精神と時の部屋に入り修行した。

その空間は外の世界と時の流れが違うらしく、その空間の中での一年が外の世界の一日ならしい。

 

 

 夜勤と同じだ……!

つまり私は夜勤をやればやるほど強くなっている……?

 

 

 

 

魔人ブウを倒す日も近い。