読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩みの日記。記すは発見。残すは苦悩。

日々の悩みや発見を書き起こし、問題解決の糸口を探る為の日記。

明日はクリスマス会。そして忘年会。

 

明日は職場のクリスマス会である。

司会進行は私。

憐れにも、クリスマスツリーのコスプレをし、

「みなさん、鈴の音が聞こえますねぇ〜?」

などと言うのだ。

 

心の中ではそんな格好をさせた職員を呪いながら、表面では笑顔を繕う。道化。

道化である。

 

介護施設の中で、道化でない職員など不要だ。

 

 

そして道化ごっこは仕事が終わってからも続く。

忘年会である。

私の働く施設の法人は規模がデカい。

大きい、などという言葉では足りない。ドデカいのである。

 

そんな法人の忘年会は、やはりドデカい。

大広間を貸し切り、200人前後で飲み会。

その中の9割は知らない人である。チクショウ。

 

席はくじ引きで決まる。これは我が法人の忘年会のしきたりである。チクショウ。

 

知らない人に囲まれ、何を話せば良いのかもわからず、各部署の出し物や芸を眺める。

話しかけられれば笑顔で対応し、心の中では毒突くのだ。チクショウめ、と。

 

 

やはり道化。

サーカスでも開いてやろうかチクショウ供。

私は知っている人ともさもさ愚痴でも言いながらおちゃらけて酒を飲みたいのだ。断じて4000円も払ってクソのような一発芸をしたいわけではない!

 

 

一年の締めくくりの行事である。こればかりは腹痛などでは回避できない。

 

インフルエンザよ!たすけてくれ!

インフルエンザに罹りたいものである。

明日こそは

 

ここ最近様々なことが後回しになっている。

明日こそは、明日こそは、と意気込みながら全く行動に移すことができていない。

 

髪を切る、ミニ四駆のカスタム、ゴミ出し、部屋の掃除、麻雀の勉強、などなど……

挙げればキリも限りもあったもんじゃない。 

 

 悲しきことに、このブログの更新もまばらになってきているときたものだ。

 

毎日やることをやって、ご飯をきっちり食べて風呂に入って寝る。これがどれほど難しいことなのか、ここ最近身に染みてよくわかる。

それを一週間、一ヶ月、半年、一年と続けることは、きっと至難の技であろう。

いっそ蛙にでもなって古井戸に閉じこもりたい気分である。

 

昨年立てた、今年の目標は、「健康でマッチョなナイスガイになり、彼女をつくる」ことであった。

健康、はダメだった。

マッチョもダメだった。

ナイスガイも達成不可。

彼女なんて論の外である。

 

健康な生活をしていないのに健康になれるはずも無く、「今年」はあと半月とちょっとを残すばかりである。

 

今年の目標を達成できなかったのは何が原因だろうか。

決まっている。「明日こそは」と意気込むことだろう。

明日こそは体を動かそう、明日こそは健康な食事を、明日こそは早く寝て、明日こそは明日こそは明日こそは明日明日あしあしああああぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!

 

無理だった。

明日こそは、と意気込んで次の日実行出来た試しはなかった。皆無である。

 

そう。

そうだ。

今が大事なのだ。今何をするかなのだ。

できることをできるうちにできるだけやっておくのだ。

 

 

来年の目標が決まった……!

「できることを、できるうちに、できるだけ、やる」

 

よし。来年こそは……!

 

 

 

 

そろそろ髪を切りたい

 

人間誰しも、生きていれば髪が伸びる。

中にはそうでない人達もいるのだろうが。

かく言う私も

最近髪が長くなってきてとても邪魔臭い。仕事中、走ることが多々あるのだが、髪の毛がムシムシムワムワする。汗で額に髪の毛がへばりつき、醜悪でオタクチックな顔面がより一層キモく見えるに違いない。

 

私が行きつけの床屋は鈴木さんという人の営むベルウッドという床屋なのだが、なんども行くうちにおきまりの髪型が定着してしまった。

店にお任せし、「適当に短く」なんて言うのだから仕方ないのだが。

 

一人暮らしというものは無駄に金を使うことを許されない。それこそ、ファッションになど興味も関心もない私である。髪型などどうでも良いとばかりに伸ばし続けていたのだが。

こないだの夜勤明け。職場の上司から「そろそろ髪切ったら?」と言われてしまった。

 

つ、ついに言われてしまった。

これは気軽な注意のようで、そうではない。

このタイミングで髪を切らないと、上司の上司に呼び出されるのだ。身だしなみがなってない、と。

職場の先輩は髪の色が明るめの地毛であったが、それを黒にしてこいと叱られたことがあるそうだ。

そんなくだらないことで怒られるのも、呼び出されるのも勘弁である。

 

 

そろそろ髪を切ろう、と思ったものの。

以前と同じ髪型にするのも、変化がないつまらない奴だ、と思われそうで怖いものである。

ちっぽけな自尊心を笑ってくれ。

 

 

どんな髪型が流行りなのだろう。わからない。

そもそも髪型の名前がわからない。

ツーブロックぐらいしか知らない。

ツーブロックという髪型もどういうものだかわからない。

ははっ。

 

こういうときは先生に聞けば良いのだ!

教えて!グーグル先生!

 

 

ツーブロックの髪型をしたイケメン達と、

 

 

金正恩の画像が出てきた。

 

 

 

 

私はその場で舌を噛みかって絶命した。

 

 

DEAD END

夜勤という地獄

 

夜勤。

夜に勤務するから、夜勤。 

私は職業上、夜勤の多い場所に勤めているのだが、ここ最近あることに気づいた。

 

夜勤をやっている間は時間の感覚がおかしくなるのか、実際の流れる時間よりも体感している時間がずっと感じるのだ。

 

私の職場の夜勤は16時30分から次の日の9時30分までという17時間の勤務である。

休憩1時間と仮眠2時間の合計3時間の休み時間があるが、勤務する人数の関係上2時間も休むことはできない。

 

実質的な労働時間15時間が非常に長く感じる。

 20時間にも30時間にも感じる。

体感時間30時間の実質労働15時間の夜勤。

実際に流れる時間のスピードと体感する時間の圧ッ倒的 .差!

 

……。

 

 

 

漫画ドラゴンボールの主人公、孫悟空は第23回天下一武道会へ出る際に修行するために精神と時の部屋に入り修行した。

その空間は外の世界と時の流れが違うらしく、その空間の中での一年が外の世界の一日ならしい。

 

 

 夜勤と同じだ……!

つまり私は夜勤をやればやるほど強くなっている……?

 

 

 

 

魔人ブウを倒す日も近い。

 

 

 

牛肉を煮込む……!

 

仕事中、ふと昨夜のご飯の話になった。

普段コンビニ飯や外食ばかりの私はふと聞いてしまった「肉じゃが」という言葉に打ち震えた。

 

肉じゃが……肉じゃが!

肉じゃがが食べたい!

 

一度生まれた欲求は満たされなければ消えないのだ。

 

肉じゃがを食べたくなった私は肉じゃがという言葉に思考力を奪われながらも、2時間半の残業を終えた。

 

 

さぁ!肉じゃがタイムだ!

 

 

……しかし、私は気づいてしまった。

私の家の近くに肉じゃがを食べられる店はないということに。

 

阿武隈急行線福島学院前駅最寄りの鎌田食堂へ行けば肉じゃがは食べられるかもしれないが、遠いし寒い。

 

ヨッシャァア!なら自分で作ればええやろがい!

…と息巻いてヨークベニマルへ。

 

そして思い知る。二度目のミス…‼︎

肉じゃがの材料とは……なんぞや……?

さすがに肉とジャガイモだけではないだろう。

実家で食べた肉じゃがには人参と玉ねぎ、グリーンピースも入っていた。

うむ。ここは男らしく肉とジャガイモだけでよかろう!

思考を放棄したのではない。一刻も早く肉じゃがが食べたかったのだ。

 

 

買ったのは煮込み用の牛肉(半額)とバラ売りジャガイモ2つ。

ジャガイモを切って、肉を切って、

炒めて煮込んで、出来上がり。

 

味付けは香味ペーストと特濃つゆ、砂糖。

そこそこの出来栄えだッッッ!

 

ジャガイモはホロホロ、あぁ。癒される。

 

 

しかし。

牛肉は固かった。それはもう固かった。脂の部分は噛み切りづらかった。なんだ、これ。

どうやったら肉って柔らかく煮込むことができるんだ。

どうやったら……

わからない。

 

誰か。誰か!圧力鍋を使わずに!

肉を柔らかく煮込む方法を教えてくれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明後日は鎌田食堂へ行こうと思う。

 

眠いのだ。超絶眠い。

 

現在、この記事を書き起こしているが、夜勤明けである。超絶眠い。

 

超絶、である。

 

 

昨夜の話だ。

夜勤入り前に、明日会議があるという事で上司が学習会を何にするのかを悩んでいた。

我が部署に於ける問題を上司にこれとなく言ってみたところ、「じゃ、明日の会議でその問題について講師やってネ」と言われた。

 

えっ……?コウシ?コウシってなんだ?とっとこハ○太郎にでてくる声のムカつくネズミだろうか?いや、講師か。講師うん。講師……。

 

えっ講師……!?

急な話の飛躍に理解が追いつかず、戸惑いを隠せない私はローラのように返事をした。

 

 

「ウフフ♪オッケー!」

 

 

 

……死ぬしかない、と確信した。

 

どうやら私には戸惑いを隠せない時や理解ができない時にローラになってしまう癖があるようだ。

そんなことはどうでもいいのだ。

 

早急に、迅速に。

会議で使用する資料を集めるしかない。

 

眠い。超絶眠い。

 

FSS:パトラクシェミラージュ

 

皆さんはファイブスター物語をご存知だろうか。

メカニックデザイナー永野護の描くSFファンタジーである。

 

私はその物語に出てくるモーターヘッドというロボが痛く気に入っている。

 

以前からプラモデルの好きだった私はたまたま見かけたパトラクシェミラージュのプラモを買った。

 

が、古いキットということもあり制作は難航。

 

時間があるときにしようと一時的に中断していた。

 

ついこないだ本屋で見かけたホビージャパンを手にとって読んだときである。久々にプラモを触ろうとモチベーションが上がったのだ。

 

 

目標ができた。

パトラクシェミラージュをスクラッチビルドを織り込みつつ、完成させること。

今まで作った部分も見直し、根本的なスタイルを見直して行くこと。

 

しばらくはこれらを念頭に置き、暇なときに時間を見つけて作っていこうと思う。